読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どこまでも青く。

世界一周後に一軒家を買い、妻とちくわとゆったり暮らす。

①自宅フォトスタジオ制作日誌〜キッカケと情報収集〜

フォトスタジオ 育児

フォトスタジオを自宅に作る事にした。

うちは普通の一軒家で、4LDKだ。

 

なぜフォトスタジオを始めることにしたのか?

そもそものキッカケは嫁の妊娠だ。

もともと写真を取るのが好きだから、当然、子供が生まれたらたくさん写真を撮りたいと思っている。

どうやら100日記念やハーフバースデーなどたくさん撮るタイミングがあるらしい。

誕生日はもちろん、七五三だってある。

どうせなら後で見返しても素敵な写真が撮りたい。

インスタに投稿して、いいねが欲しい。笑

だけどいわゆる写真館と言われるスタジオなんちゃらとかの、七五三で撮れる写真は自分から見たらよく見る感じの凡庸でつまらない写真ばかりだ。

それなのに先輩に聞いたら、撮るのに4万とかするらしい。

、、、もったいねぇぇぇ!!

4万あったら家族でディズニー行ってわちゃわちゃしてグーフィーと面白い写真撮るわ!

アホか!

今ネットで調べたら七五三の写真の相場は、アルバムにするのも含めて6万くらいらしい。

高え!

6万あったらタイにダイビングに行ってマンタと写真取ってチャーハンにジンジャーソースかけた美味いやつ食べて象さんと写真撮って帰ってくるわ!

アホか!

まあ、人を雇って場所代なり何なりかかってるんだろうからしょうがないんだろうけど、もうみんな良いカメラを持っている時代に6万はちょっと高く感じるのは事実だと思う。

 

だったらまあ撮らなくてもいいか。。となってしまうのも仕方がない気がする。

 

でもちょっと待って欲しい。

 

写真を撮ることは、瞬間を買うことだ。

 

 

yonksy.hatenablog.com

 

もっと言えば、写真を撮ることは愛情を残して伝え続けることだ。

 

将来子供が写真をみて、自分はこんなに愛されていたんだなと感じるはずだ。

強いてはグレていてもその写真をみて更生するかもしれない。

もしかしたら、自殺を思いとどまるかも知れない。

大げさだと思うだろうか?

人生とは些細な出来事の積み重ねだ。

何が人生を変えるかわからない。

そういうことがなかったとしても、定期的に写真を見返して、家族の幸せを噛みしめる時間ができるだろう。

 

ただ、そうは言っても、

 

6万は高い

 

そこで僕は考えた。

 

自分ちにスタジオ作れば良くね? 

写真も撮り放題じゃね?

しかも副収入じゃね? 

部屋一個空いてるし、日当たり良いしいけるんじゃね?

 

はい、やります

 

と、いうわけで

 

フォトスタジオを、作ります!

 

幸いカメラは良いのがあるし。

 

ちなみにカメラは富士フイルムのx-m1。

FUJIFILM ミラーレス一眼カメラ X-M1 Wレンズキット ズームレンズ付属 1630万画素APS-C ブラウン F X-M1BW/1650/27KIT

所有レンズは「魔法のレンズ」と言われる

FUJIFILM XFレンズ FUJINON XF35mm F1.4 R 単焦点 標準 F XF35MMF1.4 R

FUJIFILM XFレンズ FUJINON F XF23mmF1.4R 単焦点 広角

だ。

まあそのへんは後日書くとして。

 

写真の技術的には趣味程度だけど、誰でも初めはみんな素人だし、仕事で撮影照明をやっているからプロカメラマンとスチール撮影の仕事もしたことあるしある程度いけるかなと。

 

あとは機材を揃えていくだけだ。

 

スタジオの経営理念は

写真を通して、家族の忘れられない大切な時間を作る

家族の愛しい瞬間を、永遠のものにする

 

 

今後はフォトスタジオが出来るまでをリアルタイムのドキュメントでお送りしますよ。

 

僕の周りには今ベビーラッシュが来ているからちょうどいい。

 

みんな!是非予約をして下さい!笑

 

但し無料でやったりはしないよー。

 

なんか一時期話題になったけど、クリエイティブなものに対してはちゃんと対価を払って欲しいと思う。

機材を揃えるのもそうだし、今までどんだけ勉強して、実作業でも手間をかけてると思ってるんだって話。

 

ピカソがファンに頼まれて30秒で絵を描いて、「この絵の価格は100万ドルです。」と言ったらファンが「でもたった30秒で描いた絵ですよ?」と言ったら、

 

「30年と30秒ですよ。」

 

と答えた話マジで好き。

 

なんかフォトスタジオを作るには120万くらい必要とか書いてるサイトあったけど、うちは金がないので七五三代くらいの6万以内で揃えたいと思っている。

 

大事なのは工夫だ。

 

普通のフォトスタジオだと数ポーズくらいらしいけど、30ポーズくらい撮ってあげるだろうし、いくらかまだ決めてないけど巷のフォトスタジオよりは安くしたい。

 

そして稼いだお金で家族旅行に行ったりして、その旅行で写真を撮って思い出作って。。

 

写真を撮りに来てくれた人には、いい思い出といい写真を持ち帰ってもらいたい。

 

そのためには当然勉強していくのだけど、撮影の知識自体はある程度あるから、あとは経験を積んでいくしかない。

 

とりあえず今はアイデア写真を見まくってアイデアを増やしてます。

 

 インスタでこども写真のアカウントをフォローもそうだけど、

 

このPinterestというサイトでも情報収集してる。

jp.pinterest.com

かわいいおしゃれな海外のこども写真が結構あっていい感じ。

 

自分と周りの人を幸せにしよう。

 

次回は機材編!

 

yonksy.hatenablog.com