どこまでも青く。

世界一周後に一軒家を買い、妻とちくわとゆったり暮らす。楽しく子育てしよう。

またいつか、どこかで。

 

またいつか、どこかで。

 

海外を放浪していた頃、よく言っていた言葉。

 

日本で暮らしているとあまり言う機会の無い言葉だ。

 

 

ひとりで旅をしていると、別の一人で旅をしている人と行動を共にすることがある。

 

お金が無いバックパッカーは安いバスに乗り、安い宿に泊まる。

 

泊まるところはドミトリー。いわゆる相部屋だ。

 

短期で来ているいわゆる「旅行者」にはあまり会わず、

長期で滞在している「旅人」と出会うことが多い。

 

長期で滞在していると、予定が無い。

あることもあるが、なんとなく決めているにすぎない。

 

同じ部屋にいる人に話しかけて、今日行こうかと思っている場所について話す。

 

行きたいところが一致すれば一緒に行くし、

一致しなくても一緒に行くこともあるし、

一致しても一緒に行かないこともある。

 

一緒に行動すると、だいたい夜まで一緒なことが多い。

 

無論、夜は飲む。また違う人が部屋にいれば、その人とも。

 

今までの人生の話、旅の話。世界の話。

人生を交換する時間だ。

 

仲良くなっていれば翌日も行動を共にする。

3、4日一緒にいることはざらで、下手をすれば何週間も一緒にいることもある。

ワーホリなんかだと何ヶ月も一緒なこともある。

 

そして、どちらかがその国を去る時間が近づいてくる。

 

明日からはまた、お互い知らない場所に旅立つ。

 

 

 

またいつか、どこかで。

 

 

 

あれだけ飲んで、仲良くなったのに、もう、会わないかもしれない。

 

あれだけ仲良くなったのだから、また会うのかもしれない。

 

Facebookを交換することもあるが、しないこともある。

 

忘れられないくらいくらい語り合ったけれどもFacebookを交換していない人もいれば、

なんとなくFacebookを交換した人もいる。

 

日本人以外だと、普通に考えたらもう会わないだろうという人もいる。

 

数週間一緒だった人に、泣きそうになりながら言った。

 

 

 

またいつか、どこかで。

 

 

何ヶ月も一緒だった人と別れて、声にならないほど泣いた。

 

 

 

別れの数が人生を豊かにしてくれた。

 

あの時のあいつは元気だろうか。

 

あの時のあの娘は、元気だろうか。

 

繋がらないから、いいのかも知れない。

 

もうきっと会えないから、いいのかもしれない。

 

 

もう会えないとわかっていながら、

 

それでも、あなたとまた会いたい、という気持ちを込めて。

 

 

 

またいつか、どこかで。

 

 

 

旅先だけの話ではない。

 

もし会えるのなら、すぐにでも会いたい。

 

だけど遠くに住んでいて気軽には会えない。

 

距離的に近くても、生活の違いから遠くになっている人。

 

 

もう二度と、会えない人。

 

 

会うことが、必ずしも関係を良くするわけでは無い。 

 

そのままの方が、いい関係もある。

 

 

会えなくても、ただいてくれるだけでいい。

 

 

楽しく暮らしているのなら、それでいい。

 

 

楽しかった時間は、永遠に消えることはない。

 

 

また会いたい人と思える人がいること。

 

 

それは、とても幸せなことだと思った。

 

f:id:yonksy:20170427081459j:plain