どこまでも青く。

世界一周後に一軒家を買い、妻とちくわとゆったり暮らす。楽しく子育てしよう。

息苦しくなっていく世界で

最近、世の中が「正しい」で埋め尽くされていっているような気がする。

無駄がどんどん無くなって、それとセットになっていた「余裕」も無くなっている

 

息苦しい。

 

 

どこの会社も少しずつ余裕が無くなっていて、少しずつ、少しずつ居心地が悪くなっていく。

全てが効率的になって、人間も効率的になるしかなくて、余裕が無くなって。

これではあっという間に人生が終わってしまう。

 

銀行で大規模なリストラしているニュースを見た。

確かに銀行は非効率的なのかも知れない。

でも消そうとしてるのは無駄だけじゃなくて、そこに勤めている人達のたくさんの素晴らしい人生だろう。

銀行の人達が自分だけは生き残ろうと、今まで仲良かったはずの同僚と生き残りのライバルになってしまう状況は、簡単に想像出来る。

リストラを言い渡す人もいるだろう。

互いに家族がいて、リストラをする側もされる側も、とても辛いだろう。

 

なんなのだろう、これは?

 

人類は自分達を幸せにするために進化してきたんじゃないのか?

もう進化は十分じゃないのか。

これ以上の進化は本当に人類の幸せに繋がるのか。

 

もう、止められないのだろう。

どうしたってスマホをいじってしまう。

 

何をしているのだろう。

 

前に見た言葉が胸に刺さる。

 

 

ビルは空高くなったが
人の気は短くなり

高速道路は広くなったが 
視野は狭くなり

お金を使ってはいるが 
得る物は少なく

たくさん物を買っているが 
楽しみは少なくなっている

家は大きくなったが 
家庭は小さくなり

より便利になったが 
時間は前よりもない

たくさんの学位を持っても 
センスはなく

知識は増えたが 
決断することは少ない

専門家は大勢いるが 
問題は増えている

薬も増えたが 
健康状態は悪くなっている

飲み過ぎ吸い過ぎ浪費し 
笑うことは少なく
猛スピードで運転し 
すぐ怒り
夜更かしをしすぎて 
起きたときは疲れすぎている

読むことは稀で 
テレビは長く見るが 
祈ることはとても稀である

持ち物は増えているが 
自分の価値は下がっている

喋りすぎるが 
愛することは稀であるどころか憎むことが多すぎる

生計のたてかたは学んだが 
人生を学んではいない

長生きするようになったが 
長らく今を生きていない

月まで行き来できるのに 
近所同士の争いは絶えない

世界は支配したが 
内世界はどうなのか

前より大きい規模のことはなしえたが 
より良いことはなしえていない

空気を浄化し 
魂を汚し
原子核を分裂させられるが 
偏見は取り去ることができない

急ぐことは学んだが 
待つことは覚えず

計画は増えたが 
成し遂げられていない

たくさん書いているが 
学びはせず
情報を手に入れ 
多くのコンピューターを用意しているのに
コミュニケーションはどんどん減っている

ファーストフードで消化は遅く
体は大きいが 
人格は小さく
利益に没頭し 
人間関係は軽薄になっている

世界平和の時代と言われるのに
家族の争いはたえず

レジャーは増えても 
楽しみは少なく
たくさんの食べ物に恵まれても
栄養は少ない

夫婦でかせいでも 
離婚も増え
家は良くなったが 
家庭は壊れている

忘れないでほしい 
愛するものと過ごす時間を
それは永遠には続かないのだ

忘れないでほしい 
すぐそばにいる人を抱きしめることを
あなたが与えることができるこの唯一の宝物には 
1円たりともかからない

忘れないでほしい
あなたのパートナーや愛する者に
「愛している」と言うことを
心を込めて

あなたの心からのキスと抱擁は
傷をいやしてくれるだろう

忘れないでほしい
もう逢えないかもしれない人の手を握り 
その時間を慈しむことを

愛し 
話し 
あなたの心の中にある
かけがえのない思いを
分かち合おう

人生はどれだけ
呼吸をし続けるかで
決まるのではない

どれだけ
心のふるえる瞬間があるかだ

ジョージ・カーリン

現代の矛盾を表した「ジョージ・カーリン」の言葉が心に刺さる - FEELY

 

 

「知識は増えたが 
決断することは少ない」

「生計のたてかたは学んだが 
人生を学んではいない」

 

すごく心当たりがある。

知識とか情報はすごく取り入れているけど、はたして自分で考えているだろうか?

ネットでランキングをみてとりあえず1位を買ったり。

自分で考えなくてよくて、楽だからだ。

ライフハックでうまく生きていく方法は学んでいるけど、

人生とはなんなのかは学んでいないのではないだろうか。

 

そういう意味では、子育てで人生が何かを学ばせてもらっている。

子供は毎日毎日かわいくなって成長していて、人生は毎日進んでいることを実感させてくれる。

煩わしいことも多い。

だけど、煩わしい事が一つもない人生は果たして幸せなのだろうかとも思う。

 

我が子がこちらを見てるのに、テレビを見たりスマホを見てる場合じゃない。

目を合わせて、会話をしなきゃ。

この子が巣立って行くまでのカウントダウンは、すでに始まっている。

 

 

最近身近な人が亡くなった。

思い残す事がたくさんあっただろうと思う。

 

人生には色々な時間軸がある。

自分に加えて、パートナー、自分の子供、自分の親。

これらは切り離して考える事が出来ないもので、全て大きな一つの流れだ。

つい目先の利益だったりに走ってしまうけれど、人生は思ったより短い。

自分をちゃんと幸せにしてなければならない。

自分が不幸になることは、家族も不幸になるということだ。

 

きっとこのそれぞれの人生の流れはいつか途切れるものではなく、一つになっていくのだろう、と思った。

 
f:id:yonksy:20171205210257j:image