どこまでも青く。

世界一周後に一軒家を買い、妻とちくわとゆったり暮らす。楽しく子育てしよう。

ネパール、ポカラ、カトマンズ

ネパール。

f:id:yonksy:20161004002745j:plain


ネパールって、、、まずどこやねんというあなた。

インドの上ですよ。

ネパールってなんかあるの?っというあなた。

エベレストがありますよ!

f:id:yonksy:20161004002650j:plain


ぶっちゃけおれもインドで次はネパールだな~って意識し始めてはじめて、あ、エベレストあるのね、、、え?いやまあ、知ってたけど?みたいになった。

「人よりも神々が多く棲む国」といわれるネパール。

その首都ののカトマンズは、世界一の大気汚染!

言ってることおかしくね?

f:id:yonksy:20161004002556j:plain




でもカトマンズはマジでバックパッカーの聖地!!マジで!

なんだっけ~タイのカオサン?あんなのダメだね。

なんか最近はタイ人も擦れてきてるし、はっきり言って最近のはもう終わりだな、と思った。

全体的に物価上がってるし。

同時にラオスも急速に擦れてきてるらしい。。。悲しいね。

おれが最初に行った2月と今でこんなに変わるものかね。


しかしカトマンズ。まずね~物価がめちゃ安い!

宿の最安値はたしか90円とか。

まあおれはシングルで300円ぐらいのとこ泊ってたけど。

あと一番でかいのが、飯ね。日本食レストランがあってしかもマジで日本と変わんないの!

インドでは日本食まずくて残すこともあったけど。。。ここのはマジうまい。

あと日本風のカツカレーの店があって、そことかまじやばい。日本でもいけるよこれ。

まあちと高いけど、200円とかそんな感じかな。

ネットやらなんやら必要なものは何でもそろってるしね。

あともう、お土産屋がね、もうね、反則!

基本的に荷物になるから今までなるべくお土産買わないようにしてたんだけど、

ハイ、無理~ってなって、結果

かばん×2、帽子、手袋、カレンダー、曼荼羅の絵、ポストカード、照明に被せるやつ、オーダーメイドのTシャツ、、、、

と死ぬほど買いまくってしまった。

だっておれの大好きなエスニック柄ばっかりなんだもん!ずるいよ!

普通にかばんに入るわけないので、日本に荷物送りました。

自分で郵便局に行くつもりだったんだけど、出る前の日に気づいたら郵便局が休みの日だった。。。

でもどう考えても送るしかないので代行業者にお願いした。45ドルくらいかな。



カトマンズはそんな感じで、あとはエベレストの麓の町ポカラ。

いやあ、、、ここはもし日本じゃなかったらここに住みたいかもと思った。

空気がきれいだし、エベレストの山々が美しいこと。。。

f:id:yonksy:20161004002626j:plain




もう飛行機でインドから入るときから、めっちゃ雲から飛び出してるからキレイだったんだけどね。

麓で間近でみるとなおさらすごい。でかい。いろんな形の山があってかっこいい。

とはいえガチでトレッキングやるのはめちゃ金かかるし、

ウルトラライトマウンテンフライトって言うめっちゃちっちゃい飛行機に乗るやつやりたかったけど、、

高かったっていうのもあるけど、ネパールは絶対にもう一回来るな、と思ったからとっておくことにした。


そんなわけでチャリでハイキングコースまで行って登って降りてまた町までチャリで戻るという、安いけどめっちゃ疲れる作戦に出た。

でも登ってよかったよ。徐々に見える山が大きくなってくのね。すごい。空気もきれいだし超気持ちいい。

ここは朝日が有名らしくて、夕日は雲がかかって見えないことが多いみたいなんだけど、

まあそこは当然ぼくですから?晴れてバッチリ見えました。

徐々に染まっていくエベレストと他の山々、、

f:id:yonksy:20161004002812j:plain





ちなみに全部名前あるんだよね。覚えようともしてないけど。

f:id:yonksy:20161004002828j:plain





普通は大体展望台の近くまでタクシーでいって、帰りは別のルートで池に下りてきてボートに乗るのが王道らしい。

けどおれ入り口にチャリ置いてきてますから。

元の道を戻らなきゃなわけですよ。

しかしもう日が暮れたわけで、登るのに3時間かかったわけだから実際無理。

タクシーで下まで降りた。

まではよかったんだけど、、、

その入り口からポカラの中心地まではチャリでも15分くらいあるんですよ。

しかしま~~~~暗い!!街灯ほぼナシ。車のライトが頼り的な。自転車にライトもないしね。

だから車道をライト無しで走らなきゃならないんですよ。

しかもめちゃ車通るし。

はっきりいって、今まで旅してきた中で一番怖かったな。こりゃ死ぬなあと思った。

危ないなんてモンじゃないんでこの方法はよいこのみんなは真似しないように!!

真っ暗だからどこで曲がるのかわかんなくて4回くらい道を聞いた。

無事に町に戻ってきた時は本当に安心した。

そして日本料理屋の桃太郎でとんかつ定食を食うのであった。うまい。



おれが行ったハイキングコースは途中にお土産屋とかがいくつかあって、

登りも下りも同じ店でジュースを飲んだ。

そこに居た女の子3人、中学生ぐらいなのかな、その子達の店でまた買い物してしまった。

もうお土産は買わないと決めていたのだけど、そのこたちが一生懸命で、また強引なわけでもなくて、

3人でまさに遊びながら売ってるって感じで、それが楽しくて買うことにした。

商売がうまい、という感じではない。むしろインド人とかに比べたら下手といえるだろう。

でも本当に純粋に楽しそうに、友達に話すかのように売ってくるのだ。

ネパールはアジアでも最貧国で、年中計画停電をやっている。毎日必ず停電する。

しかし、この娘たちの本当に楽しそうに生きる姿に、便利さとか、お金をたくさん持つことが必ずしもいいことでは無いように思えた。

ヒマラヤの麓で、山の神々と暮らす彼女達の笑顔は、とても大切なことを教えてくれた気がする。

f:id:yonksy:20161004002901j:plain