読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どこまでも青く。

世界一周後に一軒家を買い、妻とちくわとゆったり暮らす。楽しく子育てしよう。

人生最高のツアー、エアーズロックツアー キングスキャニオンと風の谷

この旅において初の自然遺産となるエアーズロック。

エアーズロックをみるには、アリススプリングスに行ってツアーに参加するのが一般的。

町にはアボリジニさんたちがいっぱいいます。

自分が泊まった宿はアリスロッジっていう宿。

ここ、超絶お勧めです。

なぜならドミトリー六人部屋で23ドルで安いし、さらになんと言ってもwifiフリー!!

これがどれだけデカイか?オーストラリアでは大体どこも有料で、1時間4ドルとか。4時間で10ドルみたいな。

なんかドルを入れたらパスワードが出てくる機械が一般的なんだよね。

でもここはフリー!さらに、牛乳、パンも朝二枚までフリー!プールもフリー!

どんだけフリーやねん(笑)

しかも着いた夜にツアーを予約すると、ツアーが25パーセントオフになります。やばくね?

ツアーはめっちゃたくさん種類がある。

おれが参加したツアーは3日間でエアーズロック、キングスキャニオン、風の谷を周るツアーで一番人気らしい。

ツアーの正規料金は330ドル。飯とか全部つき。割引で270ドルぐらいだったかな?

ちなみにツアーの間も宿に荷物置いて置けます。何ドルかわすれたけど安いよ。

ツアーは2日後まで埋まってて、日曜から出発になった。

暇だったから髪を黒く染めなおした。なんか微妙だったしね。韓国人に間違われそうでやだったし。


そんなこんなで日曜日。朝の5時45分出発。だったんだけど、、

起きたのは5時35分。

は?

マジで?

歯も磨かず出発することに。ファック!

ミニバスが迎えに来て、いろんな宿によって人が乗ってくる。

えー結論からいうと、アジア人おれ一人でした。

14人?だかいて、おれ一人。あとは全員欧米人。

しかも!

なぜかフランス人がめっちゃ多くて、みんなフランス語しゃべってる。

いやいやいや、、、え?なにこれ?

フランス語をしゃべれないのは4人だけ。おかしくね?

そして、全員の自己紹介が始まる。もちろん英語。

まあ拙い英語でがんばりましたよ。よしってやっぱ覚えやすいみたいだね。

そんこんなでバスはエアーズロックに向かう。

エアーズロックは現地ではウルルと呼ばれていて、先住民であるアボリジニ達の聖地である。

アボリジニ達にとって神聖な場所であるから、ウルルに登ることを非常に嫌がっています。

なので最近は登らないほうがクールなんですよ。

っていうことを資料館で読みました(笑)日本語もあって分かりやすかった。

ウチのツアーの人は誰も登りませんでした。てか登る意味ないきがするし。周りを歩いたほうが絶対楽しいよ。

というわけでかなり遠くから見えるわけですが、だんだん近づいていくわけですね。

徐々に

f:id:yonksy:20161001134057j:plain





でかくなります。

f:id:yonksy:20161001134112j:plain




マジで

f:id:yonksy:20161001134128j:plain





でけええええええええええええええええええ

f:id:yonksy:20161001134148j:plain




岩って言うか山。


ちなみに本当は世界二位の大きさの一枚岩らしいね。

一位のほうもオーストラリアにあるんだけど別に聖地じゃないみたい。

そういえば、ここから国立公園ですよ、みたいな事を言われて中に入ったとき、

急に胸がどきどきして、不思議な感覚に襲われたんだよね。

これがパワーなのか、、、?とか思ったけど、単純に緊張しただけかな。

とにかく不思議な感じでした。


なんか模様が書いてあるところもあったり、

f:id:yonksy:20161001134206j:plain



ここは怒ってて、ここは泣いてて、、

みたいなのがいっぱいあった。やっぱなんかただの岩じゃない感じ?

一周しようとするとめっちゃ時間かかる。無理。


そんなこんなで周りを歩いたあと、夕焼けに染まるエアーズロックをみながらワインとディナー。

ディナーって言うほどいいモンじゃないけどね。まあおなかはいっぱいになります。

そのあとはキャンプ場でキャンプファイヤー。

f:id:yonksy:20161001134303j:plain


木は来る途中で道端の枯れてる木をみんなで折って持ってきました。ワイルド~

そして夜は屋外で寝袋!!外はかなり寒いけど、寝袋はめっちゃでかいやつであったかい。

星空の下でみんなで眠る。

一日目はそんな感じ。


ていうかね、めっちゃ英語しゃべった。ていうかめっちゃ喋れてびっくりした。

でも当然いいたいことがまだまだ十分にいえなくて、もどかしい感じ。

わからないことも多いし。

でも楽しかった~英語ちょっとでも喋れるとマジ楽しい!

みんな優しいし、基本的にみんな母国語じゃないからそこまでスラング的なことは言わないし、わかりやすい。

みんな、よし~よし~って言って話しかけてくれるし。

おれもフランス語教えて!見たいな感じで頑張って話しかけたしね。。

三日分は一気に書けないので、続きはまた明日。

f:id:yonksy:20161001134228j:plain


二日目

 

ツアー二日目。

朝5時起き。

で、ウルルのサンライズを見に移動。

f:id:yonksy:20161001134453j:plain


しっかし寒い!今の北海道より寒いんじゃね~かってくらい寒い。

まあ冬だからね。。

あまりにも寒いので、みんなで走ってくるくる回ってました(笑)

でもめっちゃキレイだったよ~

f:id:yonksy:20161001134405j:plain




やばいよね。

f:id:yonksy:20161001134422j:plain

 




そして向かったのは、風の谷のナウシカの舞台になったといわれる風の谷。

でも実際は参考にしてないらしい(笑)

公式に否定したみたいね。

まあそんなことはどうでもよくて、すごいキレイだったよ~

f:id:yonksy:20161001134541j:plain




文字どうり風も強かったし!

f:id:yonksy:20161001134603j:plain






ていうか、

ガイドのダニエルがめちゃめちゃイケメン。

f:id:yonksy:20161001134629j:plain




フォーリナーからみてもイケメンっぽい。

仕事も出来るし申し分ない!

そんな感じで2日目は終わり。

二日目はだいぶ打ち解けてきて、キャンプファイヤーの時も結構遅くまで話した。

フランス人がジョークをいっぱい言ってて、

おれもジャパニーズジョークといえば落語かな、と思って挑戦してみたけど、

無理。説明できるわけが無かった。

ちなみに時そばね。一番有名でしょ?

でもみんな何とか理解しようとしてくれて嬉しかったな~

 

三日目


三日目は朝起きてキングスキャニオンに向かう。

キングスキャニオンはオーストラリアのグランドキャニオンと言われていて、

まあその名の通りですな。

しかしここが登るのがきつい!長い!

まあそのぶん凄かったけどさ。

絶壁ですな。絶壁。

f:id:yonksy:20161001140953j:plain



f:id:yonksy:20161001141014j:plain





で、

ここは世界の中心で愛を叫ぶのドラマ版で、朔太郎が骨を撒いたところですね。

世界が色を失っていた。。。

ってやつ。

あきの葬式が終わってから一度も泣かなかったけど、

ここで始めて泣くんですね。

ちなみにぼくは映画版よりドラマ版のほうが圧倒的に好きです。

DVDとかめっちゃほしかったです。

まあそんなことはどうでも良くて、

とりあえず撒くところのまねをしてみました。

f:id:yonksy:20161001141034j:plain




うーむ

まったくうまくいってないな(笑)

そんな感じで、そのあとはキャメル牧場へ。

もちろん乗りました。

f:id:yonksy:20161001141054j:plain





これで一応ツアーは終わり。

なのですがそのあとの飲み会までツアーの一部みたいなもので、

飲み会をやりました。

さらにクラブも行きました。

そんなこんなに楽しい3日間でした。

やっぱりオーストラリアの自然は凄かったし、

完全なる英語環境で自分の成長も感じられて、

なんかもう、生きてて良かったって感じです。

世界は広い。マジで。



あ、そういえば

ツアーが終わった後も何日か泊まってたんだけど、

ある日の夜

二段ベットのおれの上のやつが、夜中部屋に帰ってきて、

SEXを始めたんですよ。

ベッドがぎしぎし揺れるし、寝れるわけ無いですね。

その時点で周りに人いるのにSEXすんなよ。。ってムカついてて、

周りの人も絶対うるさくて起きてるんですよ。

しかも何回戦もするし。

そこで終わったかな?って思ってると、、、、


おれの頭の上にズボンが落ちて来たんですよ。

それでなんか笑ってんの。


カッチーン。


もう、超マジ切れ

まずズボンを壁に投げつけて、

ふざけんじゃねーよ!と日本語でしばらくマジ切れ。

相手がビビッてて

「Sorry,I cant understand..」

とか言ってるから、

ズボンを思いっきり部屋の外にブン投げてやりました。テヘ☆

まあドミトリーは普通にSEX禁止だからね。

やったらあかんものあかん。


次回は何もするつもりが無いメルボルン編(笑)